お知らせ

インフルエンザウイルスの予防接種について

寒さが厳しくなり、各地でインフルエンザの流行も始まっています。
季節性インフルエンザは、毎年3月下旬ごろまで、感染する危険性があるといわれています。

まだ予防接種がお済みでない方は、
1月中もしくは2月上旬までに予防接種を受けて、
インフルエンザ感染に備えておくことをおすすめします。

特に妊娠中は重症化しやすいため、接種をご検討ください。
妊娠中に接種すると、赤ちゃんにも抗体が移行して、
出産後に赤ちゃんを感染から守ってくれることがわかっています。

ワクチンの残数が少なくなっています。
ご希望の方はお早めにお電話もしくは窓口でお問い合わせください。
(診療時間内にお問い合わせをお願いいたします。)

2020-01-15 加藤クリニック お知らせ一覧 母親学級【2020年2月】
新着情報ここまで